物件の下見で確認するべきこと

"高校を卒業していざ一人暮らしを始めようとする時、多くの人が賃貸物件を選ぶことでしょう。
どんなに学業がメインであっても、賃貸物件選びには決して妥協することなく足も使って探していきましょう。現地調査では部屋の実際の長さを測って、間取り図にメモをしておくようにしてください。
実際に引越しをする前に、家具の配置を決める良い資料となりますので、現地調査に行く時にはメジャーやメモ帳を用意しておきましょう。

 

コンセントの位置や数に不足はありませんか?また、電気を多く使う人は、電力の契約容量も確認しておいてください。
かなり昔に建てられている物件というのは、電気の容量が低くなっていることもあるので事前に確認をしておくようにしてください。物件の下見ではまず部屋を一通り見て、汚れや設備などの破損がないかを細かくチェックしてください。
破損や汚れを発見した時には、実際に入居をする前に、全てを修復してもらわなければいけないのです。"



物件の下見で確認するべきことブログ:19-5-2022

現在、様々な減量法が注目されていますが、
食べる事をコントロールする
減量法も数多くありますよね。

でも気をつけなければいけないのが、
極端な食べる事制限です。

絶食や極端に食べる事の量を減らしたり、
決められた一つの食品しか食べないというような
減量法では
健康的に減量することはできません。

当然のことながら栄養不足になり、
筋肉量も減ってしまい、
食べないのに痩せないというからだになってしまうだけです。

減量中は健康を保つ為にも、
栄養バランスのとれた
正しい食生活を心がけることが大切なんです。

減量中の食べる事では…
一日3食をきちんと食べる。
一日30品目を目標に多種類の食品をバランスよく摂取する。
カロリーのとりすぎに注意する。
腹八分目を目標に食べ過ぎないようにする。
夕食は控えめにする。
…といったようなことを心がけましょう!

中でも難しいのが
多種類の食品をバランスよく!でしょうか。

バランスのとり方がわからないという方は
食品を赤群、黄群、緑群と3色の色に分けて、
3色の全ての食品を、毎日バランスよく食べるようにしましょう。

また減量中の食べる事では、
いつ食べたか!も大切なポイントです。

カロリーを抑えているのに
なかなかやせないという人は、
食べる時間帯と食べる事の量が適切でないかもしれません。

特に夕食には注意が必要。
食べてすぐ寝るとからだに蓄積される脂肪の量は多くなり、
結果太りやすい状態になります。

減量中の夕食は軽めに、
できるだけ早い時間帯に食べるように心がけましょう。


このページの先頭へ戻る